カテゴリー別アーカイブ: 未分類

koto no itoについて

3年前に旧軽井沢のチャーチストリートにてスタートしたkoto no ito
弊社プロデュースというカタチで関わらせていただいたお店ですが、4月1日にリニューアルし、
yoitoというお店に変わります。
1年ほど前から商品のセレクト等も現場主導で行っており、
弊社の関わりはこのリニューアルを機に正式に無くなります。

和と洋
日常と非日常
古いものと新しいもの
相反するコトも、ほどいて結べば
新たなつながりが生まれる。

旅先で出会ったモノが、その人の生活に入り込み、
やがてなくてはならないモノになる。
あるいは、そのモノとの出会いが波及して、
その人の「暮らし方」に変化をもたらす。
ほどく事から始まる、人とモノ、コトへの結び

コトノイトの思いは何人かに届いたでしょうか、
残念ながらコトノイトというお店は終わってしまいましたが、
今後も「お店にできること」をひたむきに、表現していきたいと思っております。

4月からはyoitoという名前に変わり、経営は変わらずシティリンクスさんが行います。
koto no itoに関わっていただいた方々、ご来店くださったお客様、本当にありがとうございました。

そして、yoitoもどうぞよろしくお願いいたします。

IMG_7335

海外買付の旅へ

1月の14日から20日まで、イギリス、フランスへ買い付けに行って参ります。

そのため、15日から18日はお店をお休みさせていただきます。
また、14日(月)と19日(土)、20日(日)は営業いたしますが、
一人での営業となりますので、
一部カフェメニューを限定させていただいたり、
ラッピングや接客などでお待たせしてしまうこともあるかと思いますが、温かな気持ちでご容赦いただけましたら幸いです。

今回は初めて、長男(10歳)を連れての買い付けとなります。
一人でないので、今までより買い付けの風景や様子など、
お伝えできるのではと思っております。
そして、子供にとって初めての海外、どの様な刺激を与えてくれるのか、親としてもとても楽しみです。

一週間弱と短い買い付けの旅ですが、
良い仕入れができる様頑張って参ります!

DSC_0264

アートと触れ合える場としての土間ギャラリー

11月の土間ギャラリー

「お は い り」

スタートしました。

11月5日 mon 〜12月1日sat

平松宇造[平面]、韓美華[平面]
安井ちさと[立体]×トボ 山田洋一、友子[インスタレーション]
によるグループ展

「白、黒、境界」というテーマで、
それぞれの作家さんの解釈がカタチになって展示されております。

日常の雑貨店に、日常と非日常の境界を表すかのように、
あるものは唐突に、あるものは空気のように自然と、

作家さんからは
「作品を間口に、みなさんそれぞれが思い思いに物語していただけたらうれしい」
「窓の外に広がる森や空の景色を楽しむように、ゆるやかな気持ちでご覧ください」
とのメッセージをいただいております。

お気に入りの器を物色するように、
好みの作品を探してみるのも楽しいかもしれません。

カフェもございますので、ゆっくりと過ごすように
お出かけいただけましたら幸いです。

皆様のご来店を心よりお待ち申し上げます。

DSC_0613

DSC_0615

DSC_0623

DSC_0624

DSC_0625

DSC_0630

DSC_0631

DSC_0632

DSC_0634

DSC_0636

DSC_0649

DSC_0650

ブランケットとソファ

素材の良さを熟知した生地メーカーT’acca inc.とalpha co.,ltd.クリエイティブディレクター南貴之の協業により生まれた【織り】に重きを置いたファブリックブランド。loomerのアイテムが入荷しました。

歴史あるションヘル織機(*)・低速レピア織機を活用し、特色ある原料の選定・糸作り・生地設計・織りからテキスタイルを作り上げ、織屋ならではのデザインを追求しています。

今回はloomerさんから届いた表情豊かなブランケットとソファのコーディネートを楽しんでみました。
ソファのコーディネートのスパイスとして、また実用的に暖かアイテムとしてオススメです。

ブランケットのREPRODUCTラインは工場で生地を生産する中でとして余ってしまった糸や布を使用したモノ。なので、数に限りがあり、タグにナンバリングもされています。
今までであれば捨てられてしまっていた糸や布が限定品として商品化されるという部分だけでもとても魅力を感じますが、
ステッチのラフな縫い方を表現するために古いミシンを購入し、自社でメンテナンスしながら縫い上げているというストーリを伺うと、生産者のこだわりにに敬意を抱きます。

さらにはストールも数々、あらゆるシーンでさらりと引っ掛けたいストール。
こちらも原料にこだわっており、モノによっては生産者自ら現地まで買い付けに行くという徹底ぶり。

暖かなヤクウールのストール、カシミアにあえて洗いをかけて毛を巻かせることでより柔らかな肌心地を出したストール。
原毛の色を生かして上質に仕上げたキャメルのストール
素材の良さが、肌触りの良さ、表情の豊かさを演出しております。
ぜひ手に取り、羽織ってみてください。

*ションヘル織機の特徴として、手織りに近い織機に動力をつけシャトルを使い織り上げます。現代の高速織機と違い、経糸の張り方をゆるやかにして低速で織り上げることで空気を含みながらテンションを保つため、最終生地になった段階でふっくらとしなやかな生地に仕上がります。織機の構造上、生地巾の端まで織ることができるため、生地耳まで使用できる特徴があります。

 

DSC_0419

DSC_0421

DSC_0478

DSC_0474

DSC_0475

DSC_0471

 

やはり家具が好きなのだなぁ

念願のレザーソファを導入!

待望の納品を前に、1週間ほど前からソワソワしておりました。

兼ねてから念願だったレザーのソファ、

独特な香り、空間をピリッと締めてくれる質感、
ファブリックのソファの良さとはまた違ったテイストをご提案したくて、
pace aroundに合うモノをずっと探しておりました。

レザーのソファでありながら軽快なデザイン、
奥行きがありすぎず、それでもくつろげる快適性、
最高ランクのオイルレザーも使用できるラインナップ。
無垢の家具と同様、経年変化やメンテナンスの必要性こそありますが、
オイルレザーを家具に使用するというメーカーのチャレンジ精神にとても惚れました。

悲しいかな、現代のマーケットでは利便性や均一性が優先されていて、
変化してしまうモノ、均一な表情でないモノは敬遠されがちです。
更にはメンテナンスが必要という商品も、売りにくくなってきております。
それでもモノの良さを追求、提案していくために、
時には市場の流れに逆らってモノづくりや、提案をして行く必要があるのではと思っています。

そんな中で、オイル仕上げのレザーの家具というのは無垢の家具やビンテージの家具と同じく、
トライしたいアイテムでした!

個人的な想いはさておき。。

展示ではウレタン塗装でメンテナンスが比較的しやすいモノもラインナップしておりますので、
それぞれの質感の違い、表情など比較してみてください。

今回の導入は3点

セミアニリンレザーを使用した大人カッコいい2.5Pソファ、

オフホワイトのレザーと落ち着いたベージュファブリックとのコンビネーションがミルクティーみたいで素敵なL字ソファ

そして、贅沢にもオイル仕上げの国産レザーを使用したウォールナットの繊細なフレームのパーソナルソファ。

ビンテージ家具との相性も良く、
コーディネートの楽しさが幅広くご提案できるようになりました
レザーの種類やサイズ等はオーダーが可能です。

ぜひお気軽にご相談ください。

DSC_0276

DSC_0261

 

 

DSC_0287

DSC_0297

 

DSC_0268