作成者別アーカイブ: yamagishi

見せる収納の可能性

デンマーク人のデザインユニット“Says Who”によりデザインされた収納家具Dice
オークの棚板と組み合わされた黒のスチールフレームで、
すっきりした印象を与えます。
組み合わせにより様々な生活スタイルに合わせた使い方が可能となります。

ということで、あらゆるシュチェーションで撮影してみました。
本棚のイメージから、玄関収納、
サイドテーブル、オーディオラック
ダイニングのサイドテーブルとして、

使い方は人それぞれ、
シンプルなので、あらゆる使い方が想像できますね、

店内で什器として裏方を支えておりますので、
見つけてみてください。

もちろん、生活に取り込んでいただけたら、
尚嬉しいです!

DSC_0164

DSC_0180

DSC_0205

DSC_0237

DSC_0299

DSC_0362

DSC_0404

DSC_0426

やっと出会えた理想なラグ

優しい雰囲気を持ったラグ、

無垢やビンテージの家具を取り扱う中で、相性の良いラグをずっと探しておりましたが、ようやく出会うことができました。

イギリス産のウールは弾力性に優れ、反発力があり、足で踏んだときの感触は他のウールにくらべて大変心地が良いと言われております。
また、ハリスツイードの生地と同じく、綿の状態から染色する手法を取っているので、様々な色が混じっていることで、汚れが目立ちにくいという機能面と、奥行きのある色合いを併せ持っております。

それを編み込んでいるのが日本に数十台しかないウィルトン織機。
機械の希少性も重要ですが、それを取り扱う「織工」の素材が欠かせないこの機械で優しく織り上げられたたラグは日常の足元をとても誇らしげに、寡黙に支えてくれる存在となるでしょう。

ウールは古くキリム絨毯やペルシャ絨毯の主要材料として使われてきましたが、その素性から日本の住環境にとても適したラグと言えます。

ウールには油分が含まれているため、水を弾いたり、汚れに強い側面を持っております。
またアクリル素材などに比べ静電気もおきにくく、埃も溜まりづらい性質があります。

また、調湿効果に優れており、6帖の部屋にウールカーペットを敷き込むと、2L程度の湿気を吸い取ってくれるというデータもございます。
ウールと聞くと冬の印象が強いですが、湿度の高い梅雨時期も、また夏もさらりとした質感を保ってくれ、年中通して快適にお使いいただけます。

ここまで機能性ばかりお伝えいたしましたが、
何と言っても色味の良さと質感の良さ、そして価格も良心的なので、
少々圧が強めに語っております。。

サイズも小さいタイプから大判までラインナップがございますので、玄関やキッチン、リビング、寝室とあらゆるシーンにいかがでしょうか。

ぜひ皆さんのご自宅で、ウールの魅力を感じていただきたいと思います。

DSC_0101

DSC_0094

DSC_0127

DSC_0128

 

DSC_0143

DSC_0135

 

エルミタージュ ドゥ タムラ様に照明を納めさせていただきました

先日、エルミタージュ ド タムラさんに照明を納めさせていただきました。

こちらは陶磁器で作られた照明です。
イギリス陶器産業の里と言われるストークオントレントで生産されています。
材料となる粘土に牛の骨灰を混ぜて作られるため、
素地が薄いにも関わらず強度があり透光性が非常に高く、
純白のような白味を帯び美しい表情を見せるため、
従来より多くの高級食器類などに用いられてきた素材です。
ガラスの透け感とはまた違った、温かみのある光の透過で空間を柔らかく照らします。

洗練された料理を堪能するお客様とテーブルを、この照明が眺めてくれると思うと嬉しいです。
ありがとうございました。

 

DSC_0724 

 

DSC_0730

IMG_1622

koto no itoについて

3年前に旧軽井沢のチャーチストリートにてスタートしたkoto no ito
弊社プロデュースというカタチで関わらせていただいたお店ですが、4月1日にリニューアルし、
yoitoというお店に変わります。
1年ほど前から商品のセレクト等も現場主導で行っており、
弊社の関わりはこのリニューアルを機に正式に無くなります。

和と洋
日常と非日常
古いものと新しいもの
相反するコトも、ほどいて結べば
新たなつながりが生まれる。

旅先で出会ったモノが、その人の生活に入り込み、
やがてなくてはならないモノになる。
あるいは、そのモノとの出会いが波及して、
その人の「暮らし方」に変化をもたらす。
ほどく事から始まる、人とモノ、コトへの結び

コトノイトの思いは何人かに届いたでしょうか、
残念ながらコトノイトというお店は終わってしまいましたが、
今後も「お店にできること」をひたむきに、表現していきたいと思っております。

4月からはyoitoという名前に変わり、経営は変わらずシティリンクスさんが行います。
koto no itoに関わっていただいた方々、ご来店くださったお客様、本当にありがとうございました。

そして、yoitoもどうぞよろしくお願いいたします。

IMG_7335

海外買付の旅へ

1月の14日から20日まで、イギリス、フランスへ買い付けに行って参ります。

そのため、15日から18日はお店をお休みさせていただきます。
また、14日(月)と19日(土)、20日(日)は営業いたしますが、
一人での営業となりますので、
一部カフェメニューを限定させていただいたり、
ラッピングや接客などでお待たせしてしまうこともあるかと思いますが、温かな気持ちでご容赦いただけましたら幸いです。

今回は初めて、長男(10歳)を連れての買い付けとなります。
一人でないので、今までより買い付けの風景や様子など、
お伝えできるのではと思っております。
そして、子供にとって初めての海外、どの様な刺激を与えてくれるのか、親としてもとても楽しみです。

一週間弱と短い買い付けの旅ですが、
良い仕入れができる様頑張って参ります!

DSC_0264