作成者別アーカイブ: yamagishi

2018年スウェーデン買付

今回は御代田で出会ったスウェーデン在住の方にアテンドいただいたので、
今までになくスムーズに買付ができました。
アラビアやローストランドの食器、真鍮のアイテム、木のアイテム、
カゴやスツールまで、
ツボなモノが多くてついつい買いすぎ、スーツケースもパンパンです。

スウェーデンは古い町並みやコンパクトな街づくりが随所に残っていて、
冬は暗くて寒いのですが、キャンドルや間接照明を上手に使っているので、
とても居心地がよく、じっくりモノを作ったり考えたりするのに適していると
感じました。
サウナに入ってバルト海に飛び込み!という体験は次回に見送り、
また、ゆっくりと訪れたいと思いました。

IMG_6689

IMG_6691

IMG_6695

IMG_6707

IMG_6709

IMG_6714

IMG_6719

IMG_6755

IMG_6777

IMG_6780

IMG_6797

IMG_6805

IMG_6813

IMG_6818

IMG_6826

IMG_6829

IMG_6842

2018年イギリス買付アイテム

今回は食器やカゴ、バケツなどの小物を中心に、家具はパインのテーブルとアーコールを買い付けました。珍しいクーエーカーのロッキングチェアも見つかりまずまずの成果でした。
amazon風の倉庫に荷物を預け、次はスウェーデンに向かいます!

IMG_6634

IMG_6631

IMG_6627

IMG_6626

IMG_6625

IMG_6582

IMG_6580

IMG_6574

IMG_6572

IMG_6571

IMG_6549

IMG_6545 IMG_6539 IMG_6535 IMG_6527 IMG_6522 IMG_6501

IMG_6595

 

 

2018年イギリス買い付け

今回のアイボーはFordのトランジット。
なかなか良い車です。
慣れないRoundaboutに悪戦苦闘しながら300マイルほど走りました。
ちょとした草地から抜けられなくなってトラクターに助けてもらったり、
I phoneの充電が切れて途方にくれたり、
あるはずのshopが納屋になってたり、
17時閉店のshopも16時にcloseなど、
お土産話はたくさんできました。
買い付けもまずまずですがちゃんとしてますよー、
商品は明日UPします!
IMG_65002
IMG_65332
IMG_65862
IMG_65882

待望の!薪ストーブ導入

待望の!薪ストーブが導入されました。
カフェ席も前より暖かくなり、
店内もすこーしましになりました。
薪ストーブ周りのアイテムも少しずつ増やしていく予定です。
なにはともあれ火の番が楽しくて、
まだ慣れない火の扱いと奮闘しております。
冬も快適な店内を目指しますので、
皆様ごゆるりとお出かけください♪
DSC_0059

新たなプロジェクトのご案内です。

pace aroundより、新たなプロジェクトのご案内です。

USEART/ユーザート

日常の雑貨店で何気なくアートや作品に触れて欲しいという思いで
店内の一角で「土間ギャラリー」を続けておりますが、
ただ何気なくという部分からもう一歩踏み込んで、
日常的に使用するモノにデザインとしてアートを取り込み、
何気なく使っていく中で、感性に何かを訴えることができたら嬉しいなと思い、

USEARTというプロジェクトを始動しました。

その第一弾として、現在土間ギャラリーで作品を展示されている
宮森敬子さんの樹拓の作品をデザインとして、
Tree Lovingというシリーズを発表いたします。

第一弾のラインナップはコースターとランチョンマット
張りのあるリネンに樹拓をあしらった日常アイテムです。

以下、今回のシリーズについて宮森さんからのコメントです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

英語で『こする』という動作を『Rubbing』と言いますー

それで、私はこのシリーズを長年『Tree Rubbing』(木の擦りだし)と呼んでいました。

ところが、それをずっと『Tree Loving』(木の愛)と勘違いしていた人が多かったのです。

それがわかった時に、面白いなあと思っていたところ、
この度pace aroundさんが『Tree Loving』という生活雑貨のシリーズを作ってくださいました

作品は一点一点、樹の表面を私の手製の木炭でなぞってできたものですが、一度として同じ模様は取れません。

紙は一流の職人さんによる貴重な手漉き和紙で、とても美しいものです。

その和紙も木炭も木からできています。色々に形を変えて繋がっているエネルギーを想像しながら制作しています。

これは私が旅した時間と場所、そしてそれを所有してどこかに飾ってくれているあなたの時間と場所をつなぐプロジェクトです。

木を愛する全ての人に、私の作品と一緒に時間を過ごしてもらえたらと思っています。

2017年11月 宮森敬子

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

人の感性の交錯する場、モノの循環をつなぐ場をポリシーとして掲げるpace aroundとして、

小さな橋渡しを今後も続けていきたいと思います。

DSC_0711

DSC_0707

rubbing 2016