月別アーカイブ: 2016年4月

pace aroundのGWイベント告知

蒼井大地 チェロ独奏ライブ

5月4日(水)
14:00〜15:00 入場無料

pace aroundのカフェスペースでライブを開催。
お茶を飲みながら、買い物をしながら、ふらりと
心地よいチェロの音色に出会いにお出かけ下さい♪

蒼井大地
「癒」をコンセプトにチェロを奏でるミュージシャン。
2013年に長野県へ移住。御代田・軽井沢・小諸を中心に音楽活動を開始する。
コンサートをはじめ、カフェでのBGMライブ・結婚式での演奏・図書館や介護センター関係の
公共施設、寺院等でも精力的に演奏を行っている。

演奏曲はクラシックの名曲や自作曲。自然をイメージしたセラピーサウンドで信州を代表する演奏家としての期待が高まっている。

http://daichi-aoi.wix.com/mysite

470d2d_6e38313bf81544c4a10c76281030de5d

Nino Ellison写真展

土間ギャラリー 写真展のご案内

Nino Ellison 写真展
‘Drowning in Beauty’

4/28〜5/28

本日より、旅する写真家、Nino Ellisonによる写真展が行われております。
彼が’home’と親しむフランスと日本で撮影した写真の展示会です。
両者には自然に対する深い敬意と美意識など、驚く程に共通する認識を感じるとの事、

今回は以前海外で行われた展示会’Voyage d’Hiver’での受賞作品や
長野県を中心に近県で撮影された最近の作品を中心に展示販売しております。
詩的で哲学的ながら、風景として「すっと」眺める事ができるニノの写真は
インテリアにとてもフィツトします。

以下、ニノ エリソンのプロフィールです。

国際的な舞台で活躍するオーストラリア出身のフリーランスフォトグラファー。
世界最大のフォトエイジェンシーであるGetty Images(アメリカ)と契約中である。
FUJI/ACMP Australian Commercial and Media Photographer’sでの金賞など、
一流の写真コンテストで多くの賞を受賞している。
シドニー、ストックホルム、ロサンジェルスの各都市で、個展・共同展を数多く開催。
彼の作品は国際的に広く出版されており、 フランスのELLE 誌, Marie Claire 誌、Volvo、スカンジナビア航空機内誌、 タイ航空機内誌、fotoMagazin (ドイツ)、Traveling Holiday(ニューヨーク)、 Lonely Planet PublicationsやFujiフィルム(日本)などに作品が採用されている。
この10年間、旅行写真家として60カ国以上の国々を訪れ、
そこで生活する人々の生き様、文化、自然の営みを写真に収め、
ランウェイ、ファッション、ポートレート、風景など、
多岐に渡る分野の写真撮影で国際的に活躍中である。

現在長野県軽井沢町を拠点に活動中。

https://www.facebook.com/Nino-Ellison-Photography-1454857…/…

NINO ELLISON-2-4

NINO ELLISON-16

NINO ELLISON-995461

NINO ELLISON-995674

NINO ELLISON-997192-2

NINO ELLISON-999164-2
All Photo: © NINO ELLISON PHOTOGRAPHY

 

新たな試み

この春、pace aroundとしての新たな試みが始まります。
旧軽井沢のチャーチストリートを運営する(株)シティリンクスが
4月22日(金)にオープンさせる雑貨店koto no ito コトノイト
のプロデュースをさせていただきました。
「非日常の旅先、心がフラットで感性が高まった状態で、
ふと、生活に寄り添う日常雑貨に出会える場」という空間を作り込めるよう、
色々と準備をしております。
あらゆる先入観や決まり事を一旦「ほどいて」
和と洋、日常と非日常、古いものと新しいもの、
それら相反するコトを結び直すコトで、新たなつながりを生む試み。
pace aroundとはまた違った側面で、楽しみながらセレクトさせて頂いております。
オープンまであとわずか、準備の様子や商品の入荷情報等、
こちらからも発信してまいりますので、お楽しみに!
https://www.facebook.com/kotonoitokaruizawa/?fref=ts
DSC_1535

土間ギャラリー 4月のイベントのご案内

「古の香りと歌をまとう暮らし–aroma e armonia-」

4月7日(木)〜4月18日(月)の期間中
aroma e aromaniaさんによる
“古のハーブティーブレンドと古の歌のCD”の
展示販売を行います。

また
4月7日(木)、18日(月)はaroma e armoniaによる
ワークショップを開催いたします↓

日程 4月7日(木)
時間 13:30〜15:00
人数 8人
参加費 3800yen
ご予約先
ページ上メッセージ可
もしくは↓
TEL.0267-32-7007
MAIL. info@pacearound.co.jp
内容
2曲の古の歌をリュートという古楽器と共にご紹介いたします。
この2曲には歴史あるハーブが登場しますが、ここに登場するハーブの香りや味を体験していただき、歴史的背景や暮らしへの役立て方をお伝えしていきます。
歌に深く寄り添うハーブで再現した当時の香水作りをします。
調香した香水はおみやげに。

日程 4月18日(月)
時間 13:30〜15:00
人数 15名
参加費 3800yen
予約先 ページ上メッセージ可
もしくは↓
TEL.0267-32-7007
MAIL. info@pacearound.co.jp
内容
歌のシーンに登場するハーブティーをお召しがりいただきながら、古の歌を数曲お聴きいただきます。
古の時代に誘います。
おみやげにそのハーブティーを。

ぜひじっくりと古の歌の世界と香りの関係性をご体感ください

イベントページ

https://www.facebook.com/events/1539572036336583/

【profile】
aroma e armonia

古の歌と聞いて何を思い浮かべますか。
古の歌にはハーブ類をしばしばドラマの重要なシーンに登場させ、その動作やせりふを強く印象づけていました。香りにはそういった歴史的背景である『香りの記憶』があります。

時を経た、アンティークの道具をいとおしく思うように、ハーブにも歌にも同じ気持ちでふれあえる瞬間があるのです。 ハーブはその国々の気候に合ったものが、家々の庭先で育ついわば”ふだん着”なのです。

私たちはふだん着である香りと歌に、古より続く暮らしの豊かさを五感を通じて立体化させています。

ー香りの案内人ー
上原 寿香/Yoshika Uehara
「camino natural Lab.」代表。
山梨の風光明媚な土地に暮らす香りの研究家。
荒野の小さな畑で研究を重ね各地でwork shopや古の香りの空間演出、中世を色で読み解くなどを行う。五感に響くハーブティーをアーティスティックに作り上げる。
コーヒー焙煎師、ウイスキーや水の案内人などを経てハーブに辿り着く。

ー古の歌い手ー
原 謡子 Yoko Hara
東京学芸大学芸術専攻卒。2012年より八ヶ岳山麓の原村に活動拠点を移す。様々なアンサンブルで中世、ルネサンスや初期バロックの宗教曲、世俗曲、伝承民謡などの作品を演奏。中世の薬草の香りの再現と中世音楽とのコラボレーションなど古楽歌唱の可能性を模索し様々な活動を行っている。また、古い民謡をモダナイズし、現代人に寄り添う歌としてyoutubeに配信するなど、ユニークな視点で活動の幅を広げている。
波多野睦美氏、C.カヴィーナ氏に古楽歌唱法の指導を受ける。
古楽演奏会の企画運営事務局「Musica Rosetta」代表。

1918870_621866331294040_8679238867778055700_n